読んで呼んで

話題の必見情報

朝ドラ『エール』にも抜擢!「森七菜」の勢いが止まらない

   


この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆ドラマ『3年A組』で一躍注目を集めた森七菜

出典thetv.jp

『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(2019)

森七菜

1月期に放送されたドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)にも出演し、注目を浴びた若手女優・森七菜(18歳)。

第3話で“犠牲”になった5人の生徒の一角だった彼女は、今井の演技を引き出す重要な役回りをしながらも、それを凌駕する存在感を発揮。体格差を顧みないタックルに、号泣の芝居。

◆大ヒット『天気の子』ヒロイン役をオーディションで射止めた逸材

左から森七菜、新海誠監督、醍醐虎汰朗

『君の名は。』で歴史的大ヒットを記録した新海誠監督の最新作『天気の子』のヒロイン・陽菜を演じる森七菜。

映画プロデューサーの川村元気氏をして「国民的女優になる」と絶賛させた逸材。

◆2016年デビューながら、話題作に次々起用されてきた森

『獣になれない私たち』(2018)

森七菜

その後「先に生まれただけの僕」(2017年、日本テレビ系)や「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」(2018年、NHK総合)、「獣になれない私たち」(2018年、日本テレビ系)など話題の連続ドラマに立て続けに出演。

行定勲監督がメガホンを取った WEB CM に出演。園子温監督が総監督を務めたオリジナルドラマシリーズ「東京ヴァンパイアホテル」、白石晃士監督の映画『地獄少女』と日本の映画界をけん引する監督たちの製作現場を続けて経験。

◆来年公開の岩井俊二監督『ラストレター』にも抜擢されている

出典eiga.com

『ラストレター』(2019)

『Love Letter』(95)、『スワロウテイル』(96)、『花とアリス』(04)など、数々の名作を世に送りだしてきた映画監督・岩井俊二の最新作『ラストレター』が、2020年1月17日(金)に公開。

岩井俊二が、初めて出身地である宮城を舞台に、手紙の行き違いをきっかけに始まったふたつの世代の男女の恋愛と、それぞれの心の再生と成長を描いたオリジナルストーリー。

主人公・岸辺野裕里を演じるのは、自身初主演映画の『四月物語』('98)以来約21年ぶりの岩井監督作品となる松たか子。森七菜を、松さん演じる裕里の娘・颯香と高校生時代の裕里の二役に抜擢した。

◆そんな森が朝ドラ『エール』に出演決定

2020年度前期放送のNHK連続テレビ小説「エール」の新たな出演者が発表され、女優の森七菜が朝ドラ初出演を果たすことが明らかになった。

「エール」は、「栄光は君に輝く」「六甲おろし」など昭和の音楽史を代表する楽曲の数々を生み出してきた作曲家・古関裕而と、その妻の金子をモデルにした物語。主人公の古山裕一を窪田正孝、その妻となる関内音を二階堂ふみが演じる。

・ドラマでは二階堂ふみの妹を演じる

『エール』(2020)

窪田正孝と二階堂ふみ

 - Uncategorized

×
ケアプロスト