読んで呼んで

話題の必見情報

「人の飲水も無いのに犬に飲ませるのか」 被災地でペット持ちに非難殺到

   

「人の飲水も無いのに犬に飲ませるのか」 被災地でペット持ちに非難殺到

1 名前: ニールキック(秋田県)@\(^o^)/:2016/04/25(月) 10:02:40.60 ID:/ygzVIWP0●.net

1熊本地震の被災地で避難所生活の長期化が懸念される中、ペット連れの被災者が行き場に困っている。

一般の避難所では鳴き声や糞(ふん)尿(にょう)をめぐるトラブルが絶えないためだ。熊本市は「殺処分ゼロ」をいち早く掲げた“動物愛護先進都市”。ペット連れの避難者を受け入れる動物病院も登場しているが、疲労がたまる避難所生活での“共存”の難しさが浮かぶ。

避難所追い出され…

「避難所内で犬がおしっこをしてしまい、周囲から離れた場所へ行ってほしいといわれた。居づらくなってその日に出ました」

熊本市内で被災した無職、牧田万里(ばんり)さん(68)は、そう振り返る。愛犬のマル(10歳、雄)は避難生活でも欠かせない存在だといい、「家族の一員だから一緒にいないと精神的にもたない」と話す。

牧田さんが避難生活を送る熊本市中央区の「竜之介動物病院」は3、4階部分を被災地唯一のペット同行避難所として開放している。これまで約230人が犬や猫など計約300匹を連れて訪れた。23日現在も約80人が約100匹と避難生活を送る。

同病院の徳田竜之介院長は東日本大震災の被災地でペット連れの被災者が避難所に入れない実情を見て、病院を耐震構造に建て替え、1週間分の備蓄を準備したという。徳田院長は「熊本市は動物愛護先進都市として注目されている。全国に見本を見せないと」と決意を語る。

http://news.livedoor.com/article/detail/11452434/

続きを読む

 - Uncategorized

×
ケアプロスト