読んで呼んで

話題の必見情報

浅丘ルリ子 今だから語れる石坂浩二との離婚の本音

   


浅丘ルリ子といえば、元旦那は石坂浩二というのは皆が知る所

浅丘ルリ子って品があるよね。 石坂浩二から何度も浮気されても許してきたその器、私なら絶対に無理です。

どうして離婚したんだろう?なんか互いの離婚会見に違和感を覚えた人もいただろう。

女優の浅丘ルリ子さんは先日、初の自伝『女優 浅丘ルリ子 咲きつづける』(主婦の友社刊)を出版。その中には、石坂浩二(72)との結婚、離婚についてもつづられている。

出典女性自身

浅丘さんは、'71年、テレビドラマ『2丁目3番地』で共演した石坂浩二と結婚した。だが、実はドラマで共演する前に、友人の加賀まりこ(69)から、「ルリ子さん、石坂ちゃんが大ファンだって。一度デートしたいと言っているからしてあげて」と言われていたという。

出典女性自身

しかし・・・だ。石坂浩二は、浅丘ルリ子と出会う前になんと加賀まりこと交際していた。石坂浩二は、はじめ加賀まりこが大好きで会うたびにバラの花をくれていたという。

まだ石坂浩二が浅丘ルリ子と知り合う前に(互いが若いころ)石坂浩二は、加賀まりこに熱をあげ、ラブコールを送っていたという。そして会うたびにバラの花を貰っていたという。意外に石坂さん、キザなんですね。笑

かわいいし昭和チックではない。昔から可愛い小悪魔キャラ

はじめは(石坂浩二を)相手にしていなかったけど・・・といって黙る。情にほだされ一時は交際したのがうかがえる。しかし、加賀まりこは次に布施明と交際する事になり元彼の石坂浩二が寂しい思いをしないようにか?友人の浅丘に紹介。小悪魔すぎ。

布施明は加賀まりこの後々で美人な外人(オリビアさん)と結婚し、後々離婚した。

加賀まりこは、布施明の子を宿し、相手は人気歌手。未婚の母になることを決意し、布施明との子を産んだものの産んで8時間後に赤ちゃんは死亡。その時に憔悴しきった加賀まりこさん

子供の父親は、実は布施明だった。
「名乗らぬ父」とされた布施明はその後も沈黙を守り続けた。加賀さんは、後々に彼氏だった布施明とも別れることになる。

それよりもずっと前に次の恋人(布施明)が見つかった加賀まりこから、元彼の石坂浩二を紹介された浅丘ルリ子

今も昔もめちゃめちゃ美人ですね。美人で性格いいから石坂浩二とも長く続いたんだ。

友人の加賀まりこ(69)から、「ルリ子さん、石坂ちゃんが大ファンだって。一度デートしたいと言っているからしてあげて」と若いころに言われていたという。

絶対 石坂さんよりタイプの布施明がでてきたから、押し付けたなって感じもあるけど

浅丘「当時私は30歳で『そろそろ結婚してもいいかな』と思っていたし、石坂さんは『あなたは女優だ。結婚しても仕事を選んで女優を続けてください』と言ってくれましたから。それに彼は趣味が多彩で、とても博学でしたから、一緒になれば自分を磨くことができて、高めていくこともできると思ったんですね」

しかし、石坂浩二さんは、何度も浮気をしたそうだ。

石坂の趣味のひとつが絵を描くことで、二科展で何度も入選しているほどだった。結婚から5~6年たったころ、石坂が「アトリエをもちたい」と言い始めた。当時住んでいた家にはそれだけのスペースがなかったため、別に部屋を借り、石坂はそこで寝泊まりするようになった。

出典女性自身

「そのとき私はふっと『ああ、そういうことなのね……』と思ったの。そうしたら案の定“彼女”がいたんです。

出典女性自身

それ、石坂浩二さん、不倫してたってことじゃん、最悪。

結婚している間に何度か同じようなことがありました。最初のうちは腹が立ったし、つらい思いをしましたけど、そのうちに『熱が冷めるまで放っておこう』と思うようになりましたね。人の感情は止められませんから」

出典女性自身

そういう状態がずっと続いていたある日ーー。

「彼から『いつも家にいてくれる人と一緒になって、子供もほしい。母も引き取って一緒に暮らしたい』と言われました。最初は驚いて動揺しましたけれど『そうか……。彼には、そういう人がいるのね』と思って、最終的には『わかりました』と言いました。ただ、ひとつだけお願いしたんです」

出典女性自身

別々に離婚会見を開き、互いに言うことが違って、マスコミに騒がれることは絶対に避けたい。そこで彼女は「2人そろって会見をしたい」と頼み、石坂も了解した。最後の話し合いから3日後の’00年12月27日に離婚会見は開かれた。

出典女性自身

 - Uncategorized

×
ケアプロスト