読んで呼んで

話題の必見情報

若い人にも注意‥?前田健さんの死因となった「虚血性心不全」とは?

   


●タレント・前田健さんが26日、44歳の若さで急死した

東京・新宿の路上で倒れ、26日午前1時36分に亡くなったものまねタレントの前田健さん

・救急搬送され、ICUで治療を続けたが帰らぬ人となった

前田さんは4月24日夜、東京・新宿三丁目の路上で突然倒れ、心肺停止の状態で病院に搬送された。

集中治療室(ICU)で治療を受け、心臓は動き出したが意識は戻らない状態が続いていたが、26日午前1時36分に帰らぬ人となった。

・前田さんは、不整脈の持病があったという

スポーツ企画で50メートル走や走り高跳びなどを行った後「体調が悪い」と話したが、収録を最後まで続けた。

●前田さんの死因となった「虚血性心不全(虚血性心疾患)」とは?

虚血性心疾患とは、この冠動脈が動脈硬化などの原因で狭くなったり、閉塞したりして

心筋に血液が行かなくなること(心筋虚血)で起こる疾患です。

虚血とは、血液が必要とされる臓器や組織に行き届かなくなることで、臓器や組織が酸欠・栄養不足状態になってしまいます。

・「虚血性心不全(虚血性心疾患)」の主な症状

分類される病名によって違いますが、主に胸が締め付けられるように痛くなることが共通に挙げられれます。

比較的早い段階で自覚される症状としては、軽い運動で胸が締めつけられるような感じがしたり、息切れを起こしたりします。

必ずしも典型的な胸痛が出現するわけでなく、肩の痛みやだるさ、歯痛などの症状のこともあります。

●「虚血性心不全(虚血性心疾患)」の主な原因とは?

冠状動脈をはじめとする動脈を硬くし、心筋梗塞や狭心症を起こしやすくする危険因子としては、「高血圧」「高脂血症」「喫煙」「ストレス」「肥満」「糖尿病」「高尿酸血症」などがあげられます。

 - Uncategorized

×
ケアプロスト