読んで呼んで

話題の必見情報

早すぎる死・・・前田健さん急死にショックを隠し切れない

   


前田健さん急死

心肺停止状態で救急搬送されていたお笑いタレント、前田健(まえだ・けん)さんが26日午前1時36分、東京都内の病院で死去した。44歳だった。

死因は虚血性心不全

、冠動脈の閉塞や狭窄などにより心筋への血流が阻害され、心臓に障害が起こる疾患の総称である。

直前まで「ロンハー」でスポーツテスト

前田さんは、倒れた日の24日午前9時から午後3時まで、栃木県内でテレビ朝日系「金曜★ロンドンハーツ」(金曜後9・0)の人気企画「スポーツテスト」の収録に参加。同局によると、オネエタレントらと午前中に50メートル走、走り高跳びを行った

周囲には体調が悪いと・・

休憩時に「体調が悪い」と医務室へ行き、医師に不整脈の持病などを説明。その後、回復し、午後は医師が見守る中で腕相撲、リレーなどをこなしたという。

日頃からの不摂生も影響か?

ツイッターではたびたび高カロリーの食事内容を投稿。先月20日付のツイッターでは「健康は大事、とわかっていながら健康のためにしていることは何一つない。まだ不摂生を嫌いになれない。不摂生への執着を捨てきれない。そんな44歳」とつぶやいていた。

松浦亜弥さんのモノマネでブレイクしました

前田さんは高校卒業後4年間、米ニューヨークでダンスや歌を学び、帰国後、タレント活動を開始。松浦のものまねでブレーク

近年はプリキュアのダンスの振り付けも担当していました。

あややこと松浦亜弥さんがコメントを発表しました。

松浦は「昨日からのニュースを見て、心配していました。突然の悲報にビックリしています。私のことを、おもしろかわいくモノマネをしてくれて、楽しく話題にしてくれて、うれしかったです。マエケンさんのモノマネで自分のクセを知ったりして」と懐かしんだ。

前田健さんの人柄についても触れられています。

初共演した時のエピソードは、前田さんの人柄を表す温かいもので「私の体調やスケジュールまで気遣ってくださったり、プレゼントと一緒に、手書きのとっても丁寧なお手紙をいただいたことを覚えています」と回想。

直前までロケで共演していた田村淳さんもコメントを発表

「前田健さんの訃報…亡くなる前にロンドンハーツの収録で一緒でした…楽しそうで、元気そうに見えたのですが…この日もマエケンさんは、すごく面白かったです。おなかを抱えて笑わされました。その芸人の姿がもう見られないなんて、残念すぎます…マエケンさん 今まで沢山の笑いをありがとう」

芸人仲間のナイツ塙さんとはなわさん兄弟も

塙は「最近はあんまり会ってなかったけど昔はよく相談を聞いてくれました。兄は僕以上に親しかったし残念で仕方ありません」と、兄でピン芸人のはなわ(39)が落ち込んでいることを明かした。「浅い関係だと思っていたけど思い出せば思い出すほど色々話した事を思い出しました。悲しくなってきます。マエケンさん、死んじゃうなんで本当に意味がわからない。一生懸命生きますから天国で見守っていて下さい。ゆっくり休んで下さい」と先輩芸人の死を悔やんだ。

 - Uncategorized

×
ケアプロスト