読んで呼んで

話題の必見情報

【前代未聞】パリにとんでもない「売 春 宿」がwwwww(※画像)

   

【前代未聞】パリにとんでもない「売 春 宿」がwwwww(※画像)

paris

1:2018/03/22(木) 17:17:47.82 ID:CAP_USER9.net
2018年3月22日 14:41 発信地:パリ/フランス

【3月22日 AFP】フランス・パリに先月開業した「売春宿」が、前代未聞の物議を醸している。レ◯プを助長しかねないなど非難の声が上がっているが、この店のベッドや椅子にあられもない格好で思わせぶりに座っているのはラブドールだ。

 歴史ある歓楽街として有名なパリ北部のピガール広場(Place Pigalle)周辺ではなく、市南部の人目につかない3部屋のアパートで2月から営業を開始した「エックスドールズ(Xdolls)」では、1時間89ユーロ(約1万1600円)料金でラブドール4体を提供している。

 世界最古の職業といわれる売春業に21世紀型の店舗が新規参入したといえそうだが、女性団体や左派の地元議員たちから苦情が噴出。パリ議会で今週、「エックスドールズ」の閉店の是非が審議されることとなった。

 営業形態が「ゲーム店」なのも物議の種となっている。パリ議会の共産党議員らは、この点が法令に違反していないかどうか市当局に問いただした。

共産党系会派を率いる二コラ・ボネウラジ(Nicolas Bonnet-Oulaldj)議員は今週、ラブドールについて「女性のイメージをおとしめるものだ。こうした人形の立てる騒音はレ◯プのように聞こえかねない」と記者団に語り、エックスドールズの閉店を要求したことを明らかにした。

 ただ、大衆紙パリジャン(Le Parisien)の報道によれば、警察は経営者の男性を調べたが違法性はないと結論付けた。また、近隣住民からも苦情は一切ないという。

 一方、女性権利団体ニド(Nid)の広報を務めるロレーヌ・ケスティオー(Lorraine Questiaux)弁護士は、エックスドールズの問題のアパートでの営業を差し止める法的根拠はないと認めつつも、倫理的な問題が生じていると主張。

「レ◯プを助長するアイデアに基づく事業をフランスで行うことを認めても良いのか」と疑問を呈した。

 パリ議会内にはエックスドールズの「生存権」を擁護する声もある。中道派のエリック・アジエール(Eric Aziere)議員は「大人のおもちゃを提供する事業は、同意のある成人同士の個人の自由に関わる問題で、店の閉鎖を要求するのは合法ではない」と述べている。

 フランスでは2016年、議会での長年の議論の末に売春法を改正し、売春のあっせんは初犯でも罰金1500ユーロ(約20万円)が科される違法行為となっている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3168306

8:2018/03/22(木) 17:22:11.44 ID:I8/+HrK20.net
売春とレ◯プの区別もつかんのか、こいつらは
3:2018/03/22(木) 17:20:01.59 ID:Nb2anoR80.net
売春婦が失業するからだろw
268:2018/03/22(木) 20:48:06.99 ID:MpBn4Vvn0.net
>>3
そう思った
人間相手より人形相手の方がまだ女性を貶めないと思う


続きを読む

 - Uncategorized

×
ケアプロスト