読んで呼んで

話題の必見情報

くまモンのかわいい魅力の秘密

   


【くまモンとは】

くまモンは、熊本県庁が2010年より「くまもとサプライズ」キャンペーンにおいて展開している熊本県PRマスコットキャラクターである。ゆるキャラグランプリ2011王者。

くまモンプロフィール
【生まれたところ】:熊本県
【生年月日】:3月12日
【性別】:オスじゃなくて、男の子!
【性格】:やんちゃで好奇心いっぱい
【一番の友達】:蒲島知事と熊本県宣伝部長のスザンヌ
【仕事】:いちおう公務員

くまモンがレギュラーコーナー持ってる。テレビとか雑誌とか。

#何県民かバレるツイートしろ

キャラクターがとぼけた表情なのは、他官公庁のキャラクターが正統派であるのに対抗してよりインパクトを与えるためであり、その驚きの表情はくまもとサプライズというキャッチコピーにも対応している

だんだんくまモンが愛らしく見えてきた。洗脳だ。

くまもとサプライズのロゴはグッドデザインカンパニーの水野学さんによるものですが、このロゴのおまけとしていっしょに作られ、お披露目されたのがくまモンでした。
当初、全くの無名だったくまモン、涙ぐましい地道な営業努力の末、大阪での名刺配りなどを経て、全国ゆるキャラコンテストで優勝、

2011年の九州旅客鉄道(JR九州)九州新幹線全面開業へ向けて、熊本県は2006年11月、関西地方・中国地方をターゲットにして認知度をアップさせるために「KANSAI戦略会議」を立ち上げた。・・中略・・・
その中で、新幹線元年事業アドバイザーに就任した天草市出身の脚本家・小山薫堂は、熊本県民が日常にあるサプライズを見つけ、それを他の人へ広めていって再発見をする、あるいは熊本の魅力をアピールする、また、サプライズでお迎えをするという「くまもとサプライズ」運動を提唱した。

【公式くまモンサイト&SNS】

ブログ・Twitter・Facebookなどのネットやラジオなどのメディアを活用したPRにも積極的である。こうして積極的に露出を増やした結果、熊本県の試算によるとPR効果は広告料換算で6億4千万円(2010年度)に上っている[20]

公式にキャンペーンキャラクターとしてコミカルかつ軽快な動きでPR活動をすることもあれば、大阪市内の観光地を中心に神出鬼没な行動を行う場合もある。

 - Uncategorized

×
ケアプロスト