読んで呼んで

話題の必見情報

【がん闘病】稀代の女優・樹木希林(75歳)逝く~ 「生きるも死ぬも、面白がらなきゃやってられない」~

   


この記事は私がまとめました

orihoanさん

えっ!?まじで、樹木希林さん・・・・大好きだったなぁ。

樹木希林さん…(゜-Å)
なんか信じられないよ pic.twitter.com/lcNKgOyGZN

女優の樹木希林さんが死去 75歳 病気と壮絶な闘いを繰り広げ…

女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子=うちだけいこ)さんが15日、午前2時45分、東京都渋谷区の自宅で死去したことがわかった。75歳。東京都出身。16日に近親者のみで通夜を執り行い、告別式は30日の予定という。

こないだ樹木希林さんがお亡くなりになった夢見たんやけど正夢なんかなめちゃくちゃ怖い、、

うそっ、樹木希林さん、なくなっちゃったよ( ;∀;)

樹木希林さんマジで。゚(゚´Д`゚)゚。

この十数年、樹木さんは病気と壮絶な闘いを繰り広げてきた。2003年に網膜剥離で左目の視力を失い、04年に乳がんが見つかり、翌年、右乳房の全摘出手術を受けた。一度は完治報告したが、その後全身に転移。03年1月には網膜剥離で左目を失明したことも告白。さらに、今年8月13日、大腿骨を骨折し同月15日に緊急手術を行った。翌16日に予定していた生放送の出演は見送り、電話出演で状況を報告していた。

樹木希林さんが亡くなられてたことにショックが隠せません……ご冥福をお祈りします……

樹木希林さん、闘病の果てに逝く…
正月恒例となったフジカラーのCMはもう二度と見られないんですね…
西城秀樹さんや加藤治子さんのいる天国へ逝かれてしまうなんてこの訃報を聞くまでは思っても見なかった…凄まじい生への執念を感じてたから…本当に残念です…合掌…
#樹木希林さん死去

樹木希林さんが伊集院光とらじおとにゲスト出演した時。
ラストでアシスタントの番組お約束「樹木希林さんには(番組スポンサーの)AGFコーヒーギフトをお持ち帰りいただきます」に「いらない」と即答し、その徹底ぶりに感服した。

樹木希林さんがお亡くなりになったのか…。「万引き家族」の中で亡くなる直前に認知症を思わせるシーンがあったんだけど、あの時のナチュラルな演技が見事だったなぁ…。ご冥福をお祈りします。

樹木希林さん好きな個性派女優さんだよ。。

樹木さんは、1961年に文学座付属演劇研究所に入り、「悠木千帆」名義で女優活動をスタート。64年に森繁久彌さん主演のテレビドラマ「七人の孫」にレギュラー出演し、一躍人気を集めた。個性派女優として多くのドラマ、映画、舞台に出演。74年に放送されたドラマ「寺内貫太郎一家」(TBS系)で小林亜星が演じた主役の貫太郎の実母を演じるなど20代から老人の役を演じ、出演するドラマ、映画などでは、その老け役が当たり役となった。

樹木希林さんの全身癌

2004年、乳がんから始まって、2008年には腸、副腎、脊髄に転移、2013年全身癌と宣告

2004年6月に自分で触診して、乳がんだろうなあと直感する。すぐには病院に行かないで9月になってやっと病院で検査を受ける。乳がんと宣告される。仕事の都合で翌年の1月になって乳房の全摘手術を受ける。

シリアスからコメディまでこなせる個性派俳優として活躍する一方、2012年に、がん体質であることを指す「全身がん」を公表。04年の乳がん発症以降、約20か所のがんと闘ってきたが、ついに帰らぬ人となった。

その後、2008年には、腸、副腎、脊椎に転移が見つかる。やがて全身癌と宣告される。この時点において、樹木さんの取った行動が現在の、生活の質を低下させないで、仕事をしながら元気に生活できる状態を作り上げた原点となっていると想像する。

 樹木さんは、抗癌剤治療、手術、などは一切受けないことにする。九州の病院USAオンコロジーセンターで四次元ピンポイント放射線治療を受ける。担当医の植松稔先生は「抗癌剤治療のウソ」という本を書いた人である。

 真面目で化学的な見地から、抗癌剤のウソを説明している本で、専門用語やデーターを示した表が、ズラズラと出てくる面白くない本だ。

 ただその内容から本人の癌と向き会う姿勢、医療業界の大勢に流されない自分なりの意見、良いと思う事のみを患者さんの側に立って、実行していく姿勢が読み取れる。

 樹木さんは講演で、「1年半たったから久しぶりに九州へ行って、放射線治療を受けてこようと思っている。」と言っている。この言動から、放射線といっても、頻繁に受けている訳ではなく、かなり年数を置いて受けているのではないかと思われる。

 - Uncategorized

×
ケアプロスト