読んで呼んで

話題の必見情報

「ご飯が酷い」「私たちは動物ではない」 入管に収容された不法在留外国人がハンスト 大阪

   

「ご飯が酷い」「私たちは動物ではない」 入管に収容された不法在留外国人がハンスト 大阪

1 名前: エルボーバット(茨城県)@\(^o^)/:2016/02/22(月) 12:36:04.00 ID:ygroAl4y0.net

私たちは動物ではありません、人間です」。不法在留で国外退去を命じられ、大阪入国管理局で出国までの収容生活を送る外国人が2月、ハンガーストライキに打って出た。提供される食事や医療面の待遇が劣悪だ、と不満を爆発させたのだ。

それぞれの理由で日本に残りたいと願う彼らは、帰国を強いる入管に「人権侵害だ」と反発を強め、「私たちの命にもっと強い責任をもってほしい」と訴えている。

入管によると、不法在留外国人は6万人を超える。当然のことながら、収容施設の運営には国費が投じられている。処遇はどうあるべきなのか。

大阪入管によると、大阪市住之江区の施設で2月10日の朝食から、外国人収容者49人がハンストを開始した。徐々に脱落者が出る中、15日の朝食まで抗議は続いた。
http://www.sankei.com/west/news/160222/wst1602220004-n1.html

続きを読む

 - Uncategorized

×
ケアプロスト